坐骨神経痛はツボ押しで痛みを和らげることができます。 ツボの場所をしっかりと覚えて、坐骨神経痛の痛みを緩和できるようになりましょう。 坐骨神経痛の場合には、足からお尻にかけての坐骨神経にあるツボを指圧することによって痛みの緩和を図ることができるのです。 まず、お尻と足の境目あたりにある承扶(しょうふ)と呼ばれるツボ、そして、殷門(いんもん)と呼ばれる太もも裏の真ん中あたりにあるツボを優しくゆっくりと指圧します。 次に、膝の裏側にある委中(いちゅう)と呼ばれるツボと、スネの真ん中にある下巨虚(げこきょ)、くるぶしの手前にある丘墟(きゅうきょ)というツボを指圧してください。 これらのツボはどのツボも坐骨神経痛に効果があるとされているツボであり、ゆっくりと力を入れすぎずに指圧していくことで、痛みを緩和する効果が期待できます。 もちろん、全てのツボを必ず指圧しなくてはいけないというわけではありません。 どれか一箇所を指圧するだけでも効果が期待できますので、時間をかけて指圧するようにしましょう。